チラシで売り上げ効果大!即戦力なら折込チラシが一番!

チラシつくろう


スーパーマーケット・家電量販店

スーパーマーケットや家電量販店の広告・チラシには一定のパターンがあります。言い換えれば"コツ"です。いかに「顧客の購買欲を高められるか」、「店舗に足を運んでもらえるか」これがすべてです。
最近では、ポケットティッシュやうちわを広告にしようしている会社も有りますね。

ではそのパターンとは?
大きく分けて2つあります。

1つは多くの商品を掲載する事で、幅広いニーズに対応する広告・チラシ。情報量で勝負する定番パターンです。もう1つは、特に売りたい商品(2、3商品程度)に絞って、大きく掲載するパターン。ターゲットを限定することで、コンバージョン率を高めるのが狙いです。ピッタリはまった見出し・キャッチコピーを組み合わせることで絶大な効果をあげることができます。

このように、スーパーマーケットや家電量販店に見合った広告・チラシの作成方法があるのです。もっと自分の店舗を掘り下げて研究してみてください。

不動産屋

積極的にチラシ・広告を活用している業界に不動産業界があります。新聞の折込広告で良く見かけるのではないでしょうか。不動産業界で積極的に活用されている理由は単純に「効果が高い」ということに他なりません。不動産屋での広告・チラシでは"ブロックわけ"といわれる手法が多用されます。細かく長方形のブロックで区切り、賃貸物件などを掲載させるレイアウト法です。これによって、多くの情報を画一的に見やすく掲載できるのです。

あとはブロックごとに家賃や条件、写真、見出しなどを組み込んでいくだけです。売り出したいポイントを大きめにレイアウトするのがポイントです。

また、新築物件のチラシ・広告では、数多くの物件を載せるパターンではなく、売り出したい新築物件をドーンと大きく紹介するのが効果的です。価格を大きめに入れ、カラー印刷にするのがコツです。

学習塾

今は幼稚園に通う小さなお子様から大学生まで、学習塾や予備校に通う時代です。このような背景の中、多くの学習塾が開校し、生徒獲得のためにしのぎを削っています。CM広告を打ったり、書籍を発行したりと、宣伝を行っています。そんな中で、地元に密着した学習塾などは、新聞折込のチラシを効果的に活用しています。

学習塾のチラシには、どのような特徴があるのでしょうか?

「講師、指導方法、料金、実績」
この4つの要素で強みを出していくのが一般的です。

これらの要素の中で最も打ち出すべきなのが「実績」でしょう。なぜなら、両親が最も求めているのは「成績があがること」、「受験に合格すること」だからです。講師が優秀なのは当たり前のことですし、指導方法や料金も二の次です。実績は、両親が求める「結果」そのものですので、是非アピールしたい部分です。「あくまで成績が上がることが重要」。これを念頭において、広告・チラシを作成することがコツです。

また、とっておきのコツが1つあります。

「子どもは親を動かせる」ということです。つまり、子どもの説得によって親の意思を動かせるのです。子どもたちにとって魅力的に映る、チラシ・広告を作成するのも面白いのではないでしょうか。子供向けのお楽しみ会の開催や子どもが喜ぶような企画などがあれば、是非チラシや広告に盛り込みたいところです。

おすすめWEBサイト 5選

2017/2/6 更新

飲食店・病院クリニック・パチンコ

 

印刷
印刷注文する前に
          知っておこう
 −基礎用語−

バナー2

バナー3

バナー4

バナー5


(c) チラシつくろう AllrightReserved.