チラシで売り上げ効果大!即戦力なら折込チラシが一番!

チラシつくろう


飲食店

今、外食業界の需要は頭打ちになり、しっかりと経営戦略を行っている店舗・企業のみが生き残れる状況になってきました。しかし、いまだに多くの店舗・企業がチラシや広告に無駄金を使っています。消費者の広告宣伝に対する反応が非常に悪くなっているのは確かであり、しっかりとした差別化を図れるかどうかが飲食店の生き残る唯一の手段と言えるでしょう。

もちろん、サービス内容やメニューなどによって差別化を図っていくことも重要です。それをどう効果的に宣伝していくかがポイントになるのではないでしょうか。広告やチラシでよく使われる手法を参考にして、独自の戦略を打ち出してみましょう。

クーポン券
広告やチラシにクーポン券をつける方法。これは飲食店のチラシに使われる常套手段で、料金面でアピールして、リピーター獲得につなげるという意図があります。レイアウト的に、クーポン券がついていることが明確に分かるようにすることが重要です。

シーズン限定特別メニュー
広告やチラシをむやみやたらに打っても、コストが掛かるだけで費用対効果が悪く、多くの場合失敗します。そこで時期を限定して、その時期にあったサービスを用意するのです。ターゲットを絞ることで効果があがります。店舗の特徴を吟味した上で、その特徴を最大限に活かせるような広告・チラシを作成しましょう。

顧客ターゲット絞る
「どんな顧客でもいいから来店して欲しい」。確かにそうだと思います。しかし、すべてをターゲットにするのは不可能です。当然ターゲットを絞っていくのですが、その"絞り方"で明暗がハッキリしてしまいます。どう絞るか?
「顧客を集めてくれる顧客」を選ぶことです。
団体で来てくれる顧客は優良な顧客だと言えます。例えば、そのような顧客をつかむために、チラシには「○○名以上で〜円割引」といったクーポンをつけるのです。そうすれば、必ず団体客を呼べるはずです。また、女性をターゲットに絞るパターンもよくあります。女性客でにぎわう店舗には、必ず男性客がくるのです。このように、「顧客を集めてくれる顧客」にターゲットを絞った広告・チラシを作成することが成功につながっていくのです。

病院・クリニック

病院やクリニックでは、新規開業時などにチラシや広告で宣伝することが多くあります。逆に言えば、それ以降に広告・チラシで宣伝することは少なく、口コミであったり、他のメディアでアピールするパターンが多いかもしれません。ですので、病院やクリニックにおいては、「一度見ただけで覚えてもらえるような広告」を作成するのがコツです。

また、地元に密着したような比較的小さな治療院、マッサージ店などではポスティングが有効です。ただし、雑なチラシを作成するとアダルト系のチラシと間違われるケースもありますので、手書きなどではなく、しっかりとデザインされたものを作成することが大切です。

パチンコ

パチンコのチラシは新規開店、新装・改装オープン、新台入れ替え等の告知広告が中心。中身は、とにかくインパクト重視!劇画調、コミック調、映画調と、とにかく派手な色使いと、特大文字を使って別世界を演出します。
パチンコ店そのものの持つ<悪>的イメージというものは、時代を超えた今も払拭できていません。そのため、各企業・各店とも「明るさ」と「元気さ」を絶対条件としてデザインに求めます。

注目サイト

グリーンスムージーの比較ランキングサイト

Last update:2017/8/7

スーパーマーケット・家電量販店・不動産・学習塾

 

印刷
印刷注文する前に
          知っておこう
 −基礎用語−

バナー2

バナー3

バナー4

バナー5


(c) チラシつくろう AllrightReserved.