チラシで売り上げ効果大!即戦力なら折込チラシが一番!

チラシつくろう


折込チラシの基本ポイント

新聞チラシは、業種業態や商品、サービスによって違います。例えば住宅やリフォーム、車などに代表される高額商品のチラシ、その反対に生鮮食品や衣料など数百円から数千円の商品の販促のためのチラシではターゲットの属性(年齢・性別)もまったく違いますのでそのことをよく理解して作成する必要があります。そこに新聞折込チラシを成功に導くカギがあります。

地域特性を理解する
例えば昔からの土地と新興住宅地では、居住する人の年齢や生活スタイルに大きく差があります。ターゲットが多く居住しているか?どのような土地柄なのか?等地域特性を理解した上で折込チラシを配布するエリアを決定することにより、効果的
な折込ができます。

配布エリア
特に、店舗等の場合には地図に自店舗とチラシ折込エリアをマーキングしてみましょう。
折込エリアを面で捕らえることにより、具体的に商圏エリアと配布エリアが一目瞭然に分かりますので、配布を強化する折込エリアや、逆に無駄に撒いているチラシ折込エリアを選別し広告費の無駄打ちをなくします。
  また、競合する同業他社の店舗位置や折込エリア等の情報を可能な限り、調べて記入することにより、競合しない「穴」のエリアを見つけたり、折込エリアの拡大を計る際にも利用できます。

折込む曜日を見直す
扱う商品は男性商品(不動産・車等)ですか?それとも女性商品(化粧品・服・食料品等)ですか?
例えば、男性は平日は仕事がありますからチラシに目をやる時間がなくほとんどリーチがかかりません。ですから時間がとれる土曜日、日曜日の朝刊に折込む事で効果的が上がります。
  また、女性向けの商品を扱う折込チラシでもどの曜日に配布するかにより反響は大きく変わってきます。
扱う商品特性により、配布日を判断することが重要であると同時に、競合他社とのバッティングを避ける事が出来れば、集中しない曜日に折込むのもひとつの手です。

業種  
スーパー 3 14 3 12 11 20 2
ショッピングセンタ− 7 5 2 3 7 5 3
レストラン 0 1 0 2 11 5 0
食品デリバリ(すし・ピザ) 0 2 0 1 0 0 4
ホームセンター 0 2 6 1 8 2 0
家具 0 1 6 3 6 4 0
1 3 0 1 0 0 0
不動産 1 0 1 3 12 31 2
新車販売 0 0 0 1 7 14 0
中古車販売 0 0 0 0 0 4 0
衣料品 1 2 4 6 6 12 0
家電・電化製品 0 0 0 1 12 8 0
エステ 0 1 2 0 7 1 0
スポーツクラブ 2 1 1 1 2 0 0
学習塾・スクール 6 1 2 2 4 4 0
通信販売(食品) 1 2 0 0 0 0 0
通信販売(非食品) 3 8 0 0 1 0 0
健康食品 3 3 1 2 0 0 1
保険 2 2 0 1 2 0 0
パチンコ

31

8 8 23 15 9 8
旅行 0 5 0 1 1 0

2

求人情報 0 1 0 2 0 1 42
その他 8 12 9 13 31 31 12
合計 69

74

45 79 143 151 76

これを見ると、曜日ごとにどの業種が多く折込んでいるかが非常に良く分かると思います。例えば、食品デリバリ(すし・ピザ)は日曜に折込む会社が多いですが、これは一般的に日曜は外出したり、主婦が夕ご飯を作るのをやめて、デリバリーが多く注文される日なので、日曜日に多く折り込まれております。また、火曜日などにズラして折込ことにより、反響の増加がかわります。
折込曜日により、客集も変わりますので、何曜日に折込むかポイントになります。

Valuable information

セブ島留学の人気学校ランキングを紹介
http://www.cebu-ryugaku.info/

最終更新日:2017/2/6

 

印刷
印刷注文する前に
          知っておこう
 −基礎用語−

バナー2

バナー3

バナー4

バナー5


(c) チラシつくろう AllrightReserved.