チラシで売り上げ効果大!即戦力なら折込チラシが一番!

チラシつくろう


即戦力


新聞折込チラシは、特定された地域の大多数の人に宣伝したいときにとても効果を発揮します。

1. 折り込む日を決められる。
2. 折り込む地域を決められる。
3. 作ったらすぐ折り込みでき、新鮮な情報を掲載できる。
4. 制作が早く、安価。

などの4点から「即戦力」として活躍する媒体です。

さて、折り込む方法ですが、折込枚数が1万枚を超えるときは制作そのものから業者さんに頼むのが一般的です。折込業者は何新聞の何販売店は何世帯の読者がいるというデータを持っていますから、大部数を効果的に配布したいときは業者さんに依頼するほうがいいでしょう。
万部以下の場合は、直接新聞販売店に依頼します。販売店によって異なりますが、だいたい2日前までに配布したいチラシを持ち込みます。配布したいエリアに読者の多い(と思われる)新聞販売店に問い合わせ、「いつまでに何部持っていけば良いか」確認しましょう。単価の確認もお忘れずに確認します。
基本的に折込不可能なチラシはありません。公序良俗に反するもの、個人攻撃をしているものなど、常識的に考えて「新聞折込」としてふさわしくないもの以外は、快く折込していただけます。

折込チラシの効果は"折り込んだ回数×枚数"に比例するとか。専門家によると、よく「何曜日に入れるといいか」「月の上旬がいいか、下旬がいいか」などという質問が寄せられるが、そういう"傾向"はあまり見られず、「入れた分だけレスポンス効果がある」とのことです。

だからといって思いつきでやみくもに折り込めばいいのではありません。前のページでも述べたように「折込チラシは鮮度が命」。特売日や給料日などお客様のお財布状況を考えながら折込日を決めましょう。

あとは"戦略"に走らず、純粋に「お客様に伝えたい」という姿勢でいるのが一番。自らを読者として考えたとき、いつもとは違う新鮮なチラシや「ハッ」とする見出しを見ると、それがたとえ忙しいときであっても、気になって目を通したり、後でもう一度じっくり見たりするものですよね。

約100年前のイタリアの経済学者パレートが発見した法則「パレートの法則」は別名「20%・80%の法則」とも呼ばれていて、ビジネスの世界にもよく応用され「売上の80%は、20%の優良顧客からもたらされる」といわれています。"2割のお得意さまに語りかけるように"チラシをつくることが大切です。

おすすめWEBサイト 5選

サンワード貿易の紹介
http://goodway.co.jp/fip/htdocs/prm/sunward/

2017/2/14 更新


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_4b/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/ztfaqvd7/public_html/inc/randlink.php on line 12

 

印刷
印刷注文する前に
          知っておこう
 −基礎用語−

バナー2

バナー3

バナー4

バナー5


(c) チラシつくろう AllrightReserved.