チラシで売り上げ効果大!即戦力なら折込チラシが一番!

チラシつくろう


チラシで伝える

消費者を知る

売れるチラシを作ろうと、往々にしてクリエーター(制作側)は「美麗で見栄えのいい」デザインをするものです。一方、それを見る側の消費者は、やはり美しいものは美しいと正直に反応します。しかし、そこから購買等の行動を起こさせることができるかどうかということが「チラシの実力」ということになり、主婦が必ず見るチラシのひとつに数えられるのが、文字と金額ばかりが紙面いっぱいに書かれて読みづらい近所のスーパーの特売広告です。これをクリエーターは「泥臭い」という表現で嫌います。しかし、消費者はこれを穴があくほど熟読して買い物に行きます。
チラシは生活に密着した情報源であり、主婦にとってはバイブルにも等しき大切なものです。いくら綺麗に作っても見られない、まして行動を促せないのでは作る意味はないのです。消費者が何を欲しているのかを知り、「何を売りたいか」を押し付けるよりも「何を買いたいと思っているのか」再確認させるチラシを作るべきです。

伝える力

結局広告というものは、売り手の気持ちがどれだけ伝わるかにかかってくるのですが、チラシという表現方法をとる場合、「売れる商品」と「売れる売り方」があって、それらが「買ってくれる」お客様(消費者)に向けてどれだけ調和しているかが大切な部分です。
消費者の生活に合わせて、商品とコピー、さらに価格が一体となるデザイニングにより、消費者の購買意欲を刺激し、来店の衝動を起こさせることが大事です。

失敗を改善

消費者の不満は、「掲載商品が売り切れていた」、「チラシと商品の感じが違っていた」、「商品を見つけにくい」などに始まり、結局は同じようなことしか言っていません。
これは、チラシ自体が非凡さにかけ、目新しい発見ができないでいる主婦たちの嘆きとも言えます。要するに、発信する側が消費者の不満を受止めようとせず、漫然と繰り返しの作業をしていたことを示しています。 これらに立ち向かいひとつずつでも改善すれば、チラシ自体も変革していくはずです。

ストレートに伝える

消費者もかなり勉強しています。細かい説明よりも「オススメ商品」などをストレートな表現で伝えます。

チラシ=売り場

「チラシを見ると売り場がありありと浮かぶ」くらいに作りこまれたチラシこそが、真のチラシだといいます。商品は「見やすく」、「買いやすく」、「選びやすく」を心がけましょう。

一番人気

タイムセールより、ポイントサービスよりも効果的に消費者をひきつける「日替わり特売」は(なければ仕方ないが)必ず入れる。毎日実施なら、毎日来店の可能性が増えます。

差別化

新規開店での店や取扱商品のこだわり、セールならオススメ情報、コーディネート例、食品ならレシピ例など、商品へのこだわりを通じて、店舗(企業)の姿勢方向性を伝え、差別化につなげていくことも重要です。

場所

売り場でも売れる場所と売れない場所があります。平台やエンドなど、売れる場所に大量に陳列して大量に売る―これは店舗の黄金律です。チラシにもホットスポット(目立つ場所)があります。ここに目玉商品や売れる商品をのせ、絶対に焦点をあわせるように仕向けます。

pickup

スカイグループの製品
http://www.sky-g.org/

最終更新日:2017/2/14

 

印刷
印刷注文する前に
          知っておこう
 −基礎用語−

バナー2

バナー3

バナー4

バナー5


(c) チラシつくろう AllrightReserved.